リバイタラッシュアドバンスの正規品と偽物の違い

 

まつげ美容液は、まだ日本国内では認可されていないため、購入するには個人輸入を介する必要があるそうです。平たく言えば通販ですね。しかし、通販で薬を購入する場合は、偽物だったりする危険もあるみたいで、まつげ美容液もその例外ではないそうです。

 

特に、リバイタラッシュアドバンスのように高級なまつげ美容液はその危険が高いとのこと。とりあえずは、リバイタラッシュアドバンスは正規品なら17000円するので、この値段より極端に低い場合は、まず偽物と疑った方が良いと思われます。

 

値段以外で正規品と偽物の違いと言えば、あとは成分が挙げられますね。偽物の場合だと、多くはビマトプロストが配合されたまつげ美容液が入っているのですが、本物のリバイタラッシュアドバンスにそのビマトプロストは使われておらず、そのため色素沈着などの副作用が起きにくいのが特徴となっています。偽物つかまされた挙句に副作用の危険性も高くなるなんてもう踏んだり蹴ったりですよね。

 

とりあえず、私もリバイタラッシュアドバンスを買う時は十分注意しようと思います。

 

 

リバイタラッシュアドバンスの正規品はとても高いです

 

まつげ美容液は、今じゃものすごい数がありますが、値段は様々だそうですね。ルミガンだと3mlで2500円、ケアプロストも同じ量で2000円前後だったのですが、すごいのだと桁が違って、リバイタラッシュアドバンスというのは17000円弱もしていました。同じまつげ美容液でもここまで値段にばらつきがあるものなんですね。

 

さて、何がリバイタラッシュアドバンスをそんなに高額にさせているのかと言うと、どのサイトを見ても高額の理由ははっきり書いてないんですよね。

 

でも、大多数のまつげ美容液に使われている、ビマトプロストが配合されていない代わりに、パンテーンという水溶性ビタミンが配合されているのが最大の特徴であると書いてありました。

 

まつげ美容液で心配される最大の副作用は色素沈着ですけど、これって確かビマトプロストによるところが大きいと聞きます。となると、ビマトプロストが使われてない分、リバイタラッシュアドバンスは副作用として色素沈着が生じる危険が少ないのかもしれませんね。でも色素沈着の心配が少ないからってこのお値段…結局はどっちをとるか、ということですね。

 

 

リバイタラッシュアドバンスを買うならちゃんと正規品を

 

ネットで物を買う場合だと、偽物を掴まされるというトラブルにあう危険がどうしても伴いそうですね。わざわざ店行かずにパソコン1つで買えるのは便利ですけど、反面、手にとってみたり、直接目で見て決めたりはできませんからね。

 

ちなみに、そうした危険はまつげ美容液を個人輸入する場合もつきまとうらしく、特にリバイタラッシュアドバンスのようにかなり高価な部類は特に危険性が高いのだとか。とりあえず、リバイタラッシュアドバンスに限って言えば、正規品が17000円弱なので、10000円以下のものはまず偽物と思って良いそうです。

 

私も疑わしいのを見つけたのですが、それだと8000円ちょっとくらいでしたね。でも、17000円に比べたら少なく見えますけど、8000円だって高額な値段ですから、それだけ払って偽物だったら悲しいですよね。とにかく、リバイタラッシュアドバンスを購入する場合は、まずは正規品の値段の相場を知っておく必要があるということですね。でもその相場もネットで調べるしかありませんから、それもまた偽情報の可能性だってあるし…こういうとこネット通販って面倒ですね。

 

 

リバイタラッシュは正規品じゃないと成分が…

 

リバイタラッシュは、まつげ美容液の中でもかなり高級ということもあって、非正規品がかなり出回っているそうですね。つまりは、偽物ですね。しかし、その非正規品でも、ちゃんと塗れば一応まつげが伸びたり増えたりすることの方が多いみたいです。つまり、効果はちゃんとあるんですね。では、正規品と非正規品で、一体何が違うのでしょうか?

 

一言で言うと、成分だそうです。なんでも、非正規品のリバイタラッシュには、正規品のリバイタラッシュには配合されていない、ビマトプロストが入っているそうです。この成分も、まつげを育成する効果があるため、塗れば一応はまつげが伸びたり増えたりはするそうです。しかし、このビマトプロストは同時に、色素沈着の原因でもあります。となると、リバイタラッシュは色素沈着の心配が無い点が最大の魅力ですが、非正規品の方を買ってしまうと、その色素沈着が目尻にできてしまう危険があるということなんですね。

 

色素沈着が嫌でリバイタラッシュを選んだ人は、かなり悲惨ですよね。そのため、非正規品を買わずに済むよう、リバイタラッシュは値段だけに拘らず、まずは信用できる大手通販サイトで買うにようした方が良いとのことでした。