リバイタラッシュの副作用に関するデマ

まつげを育毛してくれる美容液に、リバイタラッシュというものがありますが、それの副作用に関係してあるデマが流れているそうですね。それは何と、使用することで失明する、というものらしくて…デマにしては、あまりに悪質というか、これで使用するかしないか左右されてしまいますね。
もちろん、このデマはもちろん嘘。ちゃんと安全であることは、外国の実験で証明されているし、過去にそうした事故が起きたということも一切無いみたいです。多分、最近レーシック手術で失明するという消費者問題が相次いでいるそうですから、それから派生したりなんなりしてこんなデマになったんじゃないかと思います。ちなみに、実際ある副作用としては、目の充血、かゆみ、目元や目じりの色素沈着みたいですが、どれも重篤な症状につながることは無いそうです。これなら心配どころか、全然安心して使えますね。ただ、日本では買えない分、こうしたデマって解消されるのに時間かかることを考えると…ちょっと勿体ないというか、その点だけが気がかりですね。

 

 

副作用が嫌ならリバイタラッシュ

 

まつげを伸ばしたり、本数を増やして見た目のボリューム感もアップしたりしてくれるまつげ美容液は、それだけ聞くと、そんな魔法のような薬があるなら今すぐ欲しいって思いますけど、副作用のことを考えると一歩踏み込めずにいるんですよね。
なんでも、結構な確率で、目じりに色素沈着ができてしまうそうで…ようはシミですよね。シミって人にとっては治りにくいって聞きます。それに、目じりだと思いきり顔ですから、傍から見てもものすごく目立つからちょっと…と思ったのですが、最近は色素沈着が起こらないという「リバイタラッシュ」というまつげ美容液もあるそうです。ただ、値段がちょっと…1万円以上するんですよね。ルミガンとかラティースとか従来のまつげ美容液は、ぜんぜんそんなにしないんですけど。単純に比べると、5倍以上値段が違うんですね。これはだいぶお財布事情が変わってきますね。うーん、値段をとるか、副作用のリスクをとるか、ですね。

 

 

リバイタラッシュにあの副作用は無い!

 

まつげ美容液の副作用として、よく色素沈着が挙げられるそうですね。なんでも、長期間使用することによって、程度に個人差はあるものの多かれ少なかれ、目尻の方に黒ずみができてしまうのだとか。少しくらいなら気になりませんけど、元々肌が白い人だとちょっと気を付ける必要がありそうですね。

 

しかし最近では、その色素沈着の心配が無いまつげ美容液もあるそうです。それは、リバイタラッシュ。なぜこのリバイタラッシュには色素沈着の副作用が無いのかと言うと、配合されている成分が関係しているそうです。詳しく言うと、まつげ美容液によく配合されているのと同時に、色素沈着の原因ともなっているビマトプロストが使われていないため、長期間に渡って塗り続けても、まったく問題無いのだとか(人によっては、少しだけ色素沈着が表れてしまう場合もあるそうですが、リバイタラッシュの使用を止めたらすぐに消える程度みたいです)。

 

これなら安心して使えそうですね。また、口コミを見てみても、そうした色素沈着の副作用が無いということだけでなく、効果の面でもかなり良い評価を得ていたので、私もまつげ美容液にお世話になる時は、まずこのリバイタラッシュにしてみようと思いました。

 

 

まつげ美容液「リバイタラッシュ」を使う前に・・・

 

まつげ美容液の中でも、特に効果が高いことで人気のリバイタラッシュですが、その反面アレルギー反応が出てしまうケースも多々あるとのこと。まぁちょっと皮膚に刺激感があったり、赤みが生じるくらいですから別に大したことは無いみたいですけど、念のためということでリバイタラッシュを買った際は使う前にワンクッション置くよう勧められているみたいです。

 

そのワンクッションとは・・・パッチテストというやつです。つまり、買っていきなりまつげの所に塗るのではなく、まずは二の腕などの皮膚の柔らかいところに数滴塗って、上を絆創膏やらガーゼで抑えて、一定時間置いて皮膚に異常が無いかを調べるのです。皮膚に何も異常無ければ普通に使って大丈夫なのですが、赤くなっていた場合はちょっとアレルギー反応に注意しなくちゃいけないみたいです。でもこれ・・・アレルギー反応できたからって、返品とかできるのでしょうか?それならまずサンプルを配ってほしいです。

 

 

 

リバイタラッシュはまつげ美容液の中でもアレルギー反応が・・・

 

まつげ美容液の中でも、効果が強いと言われるリバイタラッシュですが、同時にアレルギー反応が起こるリスクも高いそうですね。まぁ効果が強いということは、それだけ強い成分を使っているということですからね。でもまつげ美容液とアレルギー反応って、なんかイメージつながりにくいので、ちょっと意外でした。

 

ちなみに、アレルギー反応と言っても、湿疹が出るとか腫れるとか、アナフィラシキーショックみたいに呼吸困難になるとか大げさなものではなく、塗った部分の肌がピリピリしたり、ひどい場合でもちょっと赤くなるくらいだそうです。まぁなんとか我慢できる範囲ですよね。塗る場所的に、赤くなってもそこまで外見的には目立たなそうですし。あ、でも元々肌の白い人だとそうとは言い切れないかもしれませんね。ともかく、敏感肌の人はあまり使わない方が良いということですね。本当はアレルギー反応が出なくて、誰でも使いやすいに改良してくれるのが一番良いんですけどねぇ・・・。