まつげ育毛剤はランキングできるくらい多種類なんですね

 

まつげ育毛剤と言われれば、「ルミガン」とそのジェネリック医療品である「ケアプロスト」というイメージでしたが、実際はものすごい量あるんですね。ランキングのっているHPもあったんですけど、それだけで40~50種類くらいあったと思います。しかも見た目も結構おしゃれで、もう化粧品と見分けつきませんでした。
なんか、ネットで化粧品売っている会社が作っていることが多いそうですね。まぁ、「ルミガン」の特許が切れたら、もうケアプロストと同じ感じで、中身パクリ放題の作り放題ですからね。でも、これだけ多いと一体何を基準に選べば良いかちょっと分からなくなります。中身は多分、同じルミガンがオリジナルですからあまり変わらないと思います。となると、後は値段でしょうか?でも、むやみやたらに安くても信用できませんよね。通販で安く薬を買うと、偽物だったってこともよくあるみたいですから。もし私が買う時は…そうですね、なるべく信用できる有名なお店からが良いですね。あとやっぱり値段も大切ですね(笑)。

 

 

まつげ育毛剤は緑内障の治療薬だった!?

 

一昨日、遂に通販で購入したまつげ育毛剤が届きました。なので、今日で使用3日目です。まぁまだ効果なんて分かりませんけど、1か月分使い切った後どうなるか楽しみです。ちゃんとビフォーアフターをはっきりと見たいので、初日使う前に、自分の目元をしっかり写真で撮って記録もしておきました(笑)。
そう言えば、まつげ育毛剤の使用の注意事項みたいな説明文あったんですけど、「点眼しないように」と書いてあるのが不思議でしたね。まつげ育毛剤なのに目に入れる人いるのかな、て思いました。でも、実際は結構いるそうですね。まつげ育毛剤の成分って、元々は緑内障の人の点眼薬として使われていたみたいですから。まぁそれでも、偶然塗っている途中で目に入ることはあっても、直接さす人はいないと思いますけど…念のため、という感じでしょうか?とりあえず、他の注意事項もばっちり確認したので、後は零して無駄にしないよう気を付けて使っていこうと思います(笑)。

 

 

まつげ育毛剤「ラティース」が着きました!

 

個人輸入で注文していた、まつげ育毛剤「ラティース」が遂に家に届きました。でも、あんな小さなものなのに、結構大きな箱で届いたのには笑いましたね。ほとんど包装と、振動防止の白いふわふわしたものでした。それならものすごく小さな箱に入れた方が良いと思うのですが・・・。
それで、今日寝る前早速塗布してみました。やってみて分かったんですけど、結構まつげの付け根のところに塗布するって難しいんですね。何度も目に入りそうに、というか、多分瞬きした時に少し入ったと思います。でも目を洗うと、それはそれでせっかくつけたのが落ちそうなので、ちょっと不安ですがそのままです。まぁ副作用が出ても、目がホンの少し赤くなったり痒くなったりするくらいみたいですからね。さて、効果はどれくらいで出てくれるのでしょうか?もちろんすぐ出るとは思っていませんが、やっぱり効果が待ち遠しいです。なので、ちゃんと効果が出てくれるのを祈って、明日からもコツコツ塗っていこうと思います。

 

 

まつげ育毛剤は眼科で処方してもらえるけど・・・

 

今流行りのまつげ育毛剤って、眼科に行けば処方してもらえるんですね。でも、まつげなのに眼科なんですね・・・まぁ、ものもらいとかも普通に眼科行きますからね。まつげ育毛剤は、まだ日本では認可されていないので、てっきり個人輸入しか手段が無いと思っていました。個人的には、海外から自分で取り寄せるよりも、日本の病院でやってもらった方が安心かなって感じです。
ただ、お金は個人輸入を利用するよりも、相当かかるそうです。なにせ、まだまつげ育毛剤は日本で認可されていませんから、未承認の薬を病院で使うとなると保険適用外で、全て自費で負担しなくちゃいけないそうですから。薬だけ自費負担で、検査とかは保険でっていうのはできないんですよね、そういうの混合医療っていって法律違反みたいです。一体どれくらいの値段かは分かりませんが、まつげ育毛剤の効果が出るまで結構かかるとなると・・・トータル相当なお金が吹き飛びそうですね。まぁまつげ育毛剤は、大きな副作用はまずないみたいですから、これなら個人輸入して自分で治療しちゃう方がお得かもしれませんね。

 

 

まつげ育毛剤のジェネリックが出ても・・・

 

秋冬は空気が乾燥するせいか、どうもドライアイになって困ります。自分の場合、突然両目が痛くなって涙がボロボロ出てくるので困るんですよね。特に室内に入る時なんて要注意です。まぁ去年眼科に処方してもらった目薬がまだ残っているので、それで当分は対処しようと思っています。
ところで、眼科と言えば、今は眼科でもまつげを伸ばす育毛剤を処方してもらえるそうですね。眼科ってイコール目の病気ってイメージでしたけど、今はまつげも治療対象になっているんですね。ただ、お金の方は、個人輸入でまつげ育毛剤を購入するよりも相当かかるみたいです。今はケアプロストなどのジェネリックもたくさん出ているのに、と不思議だったのですが、どうやら薬そのものの値段ではなく、保険が適用されないからとのこと。未認可の薬を使うとなると、検査も何もかも自分で100%負担しなくちゃいけないため、その分金額が跳ね上がるんですね。うーん、つまりまずは認可ってことなんですね。

 

 

ルミガンというまつげ育毛剤がもうすぐ届きます(楽)

 

先日、個人輸入というものを初めて利用しました。海外から取り寄せるなんて難しそうだと思って、今まで何となく使うことはなかったんですけど、使ってみると案外簡単で驚きました。まぁほとんどサイトの方でやってくれるっていうこともあるんですけどね(笑)。
ちなみに今回頼んだのは、まつげ育毛剤の「ルミガン」という薬です。ここ数年で爆発的な人気が出た薬みたいなのですが、日本ではまだ未認可なのでこうして個人輸入で購入するしかないそうです(まぁ眼科でも処方してもらえなくはないそうなのですが、保険が効かない分お金すごくかかるみたいです)。予定だと、明日中に届くので、今から待ち遠しいです。まぁ使ってすぐは効果出ないみたいなので、とりあえずは1本(1ヶ月分)を根気よく使い切ってみようと思っています。あ、効果をより実感するために、今の内に写真とっておいた方が良いでしょうか?ビフォーアフターみたいな感じで比較できるように。あ、でもまつげの部分写真とるって難しいでしょうか?

 

 

まつげも育毛する時代?

 

髪の毛が薄くなったり細くなったり、抜け毛が増えたり切れ毛が増えたりで、育毛しようかなって考えられる方は男女ともに年々増えているようですが、同じようにまつげを育毛しようと考えている方や実際に育毛している方というのも女性に増えているそうです。

 

ここ数年、各メーカーからまつげ美容液やまつげ育毛剤といったものが販売されるようになり、その認知度は高まっていますし、実際問題、まつげの悩みを抱えていた女性には大人気の商品となっているようです。

 

中でも人気が高いのはまつげ育毛剤ラティース。これは世界で初めてアメリカのFDAで医薬品として認可を受けたまつげ育毛剤でもあるからでしょうか。医薬品として認可を受けるということは、それだけの効果が認められているということでもありますので、まつげに悩みを抱える女性達が飛びつかない訳ないって訳ですよね。

 

まつげ育毛剤ラティースには、まつげを太くしたり濃くしたりする成分でもあるビマトプロストが含まれていますので、1日1回寝るまえにまつげの生え際に塗るだけで、驚くほどの育毛効果を発揮します。医薬品ですからもちろん個人差はありますが、使い始めて2か月を過ぎる頃にはほとんどの人にはっきりとした効果が表れているようです。

 

実際にまつげ育毛剤ラティースを使ったことのある人からの評価も高いので、まつげのエクステをしたり、付けまつげを使い続けてごまかしていくよりはずっとまつげ育毛剤ラティースを使った方が経済的ともいえそうです。美容系のクリニックでも購入できますし、大手通販サイトなどでも購入することができますから、まつげの悩みを抱えている方は1度試してみるのもいいかもしれませんね。