リバイタラッシュアドバンス副作用は敏感肌の人が

 

リバイタラッシュアドバンスは、ほかのまつげ美容液に比べ、副作用が起こる危険性がぐっと低いみたいですね。なんでも、色素沈着、目の充血、目の周りの肌の痒みなどの副作用の原因となる、ビマトプロストが配合されておらず、その代わりにパンテノールという水溶性ビタミンが使われているのだとか。パンテノールってなんかリンスとかで聞いたことありますよね。

 

ただ、それでも副作用が生じる危険は0じゃないみたいです。まぁビマトプロストの代わりの成分が含まれているなら、その成分にも多かれ少なかれ副作用を生じさせる効果はあることになりますからね。特に、もともと敏感肌な人は、目の周りの皮膚が痒くなったりするそうです。しかし、それはただの軽いアレルギー反応であるため、塗っていく内に肌が慣れて収まることがほとんどのこと。ただし、あまりに症状がひどい場合は、通常1日に1回のところ、2日に1回にするなど、頻度を減らす必要があるそうです。

 

 

リバイタラッシュアドバンスの副作用が起きない使い方

 

リバイタラッシュアドバンスは、とても高いまつげ育毛効果が期待できるそうですね。なんでも、早ければ使用して3か月くらいでまつげがフサフサになるのだとか。ただ、その分強い成分なのか、目に入るとほぼ確実に充血してしまったり、塗ってまぶたが赤く腫れたり痒くなったりしてしまうそうです。

 

まぁそうした症状は重篤になることは無いので、まつげが伸びるなら良いかな、とも思えますが、できれば副作用は無いに越したことはありませんよね。実は、副作用が起こらない使い方もあって、それは使用する量を調整するというもの。つまり、目に入ったり皮膚がアレルギー反応を起こしたりするのは、量を多目に使ってしまったことが原因であることがほとんどなので、そうならないためには1回の用量を少な目にするのが効果的なんです。具体的には、目に入らないよう上まつげの部分にだけ塗ったり(寝ている間に下のまつげの方にもちゃんと浸透します)、皮膚がアレルギー反応を起こす場合は塗る頻度を2日に1回とかに減らしたりするのが有効とのことでした。

 

 

リバイタラッシュアドバンス副作用を防ぐには 

 

リバイタラッシュアドバンスには、高いまつげ育毛効果を期待できる反面、副作用が起こる場合も結構多いそうですね。使われている成分的に、まつげ美容液によくある色素沈着が生じる場合は少ないそうですが、特にまぶたが腫れたり赤くなったり痒くなったりすることが多いみたいです。

 

さて、そうした副作用を防ぐ方法ですが、今のところはリバイタラッシュアドバンスを塗る頻度を減らすのが一番有効みたいです。1日1回が基本ですが、それを2日に1回とかにしたり(口コミを見る限りそれでもちゃんと効果は出るそうです)。ちなみに、そうした副作用が生じる人は敏感肌である場合が多いので、心配な人は実際にリバイタラッシュアドバンスをまつげの所に塗る前に、皮膚の柔らかい二の腕に少し塗って1時間くらいして肌が赤くなってこないか確認すると良いそうです(いわゆるパッチテストというものみたいです)。赤くなってきたら、前述の対策が推奨されるとのことでした。

 

 

リバイタラッシュに色素沈着原因成分は入ってない!

 

まつげ美容液を使うと、よく目尻に色素沈着ができるって言いますよね。あれは、まつげ美容液に配合されている、ビマトプロストが原因みたいです。じゃあそれを入れなければ良いのでは、と思いますけどそうもいかないそうです。なぜなら、ビマトプロストは色素沈着の原因成分であると同時に、まつげを育成してくれる成分でもあるからです。

 

しかし、最近ではビマトプロスト以外でもまつげ育成成分は開発されているため、ビマトプロストの入っていないまつげ美容液も、徐々に増えてきているのだとか。その代表格が、リバイタラッシュだそうです。前述の通り、ビマトプロストが含まれていないため、長期間使用しても色素沈着ができる危険は限りなく低いのだとか。加えて、ビマトプロストの代わりに、身体に優しい様々なまつげ育成成分が含まれているため、色素沈着に加え目の充血や痒みなどの副作用の心配が無いだけでなく、早期のまつげ育成効果を見込むこともできるそうです。

 

色素沈着の心配が無いだけでなく、その他の副作用の危険性が低いことに加え、早期の効果も見込めるとなると、もう至れり尽くせりですね。口コミや体験談を見ても、リバイタラッシュは総じて高い評価を得ていたので、私も機会があれば使ってみたいと思います。